20131222

Nuptse Bootie by The North Face




冬の定番フットウェア。 The North Faceのスノーブーツ、ヌプシブーティー。
表面を撥水処理されたダウンジャケットと、アウトソールはもちろん防水のラバー。
使われている化繊もたとえ濡れてもその保温力を失わないものが使われているので、雨の日でも安心して使ってます。

20131216

RSV4 vs S1000RR vs 1199 Panigale S vs F4R




ボクの気になっているS1000RR1199Panigaleを交えてバトルしているショートフィルム。

S1000RRという最高レベルのSSを作り上げ、メーカーのイメージごと変えてしまったBMWの渾身作と、
昔からSSを作り続け、世界中のファンを魅了してきたDucatiの渾身作1199Panigale。
それに加えてApriliaのRSV4と、MV AgustaのF4R

誰もが羨む高級SSの直接対決は見ものです。

20131214

The Raiden Files - Portland to Dakar - A Riding Movie



見応え満載のTriumph Tiger800XCを駆る2人のライディング。
ボクのF800GSもこれだけのポテンシャルを秘めているのかと思うとワクワクしてきます。

via : icon The Raiden Files - Portland to Dakar

20131210

バイク用自動充電システム "Optimate4"を接続




・回復充電
TURBO回復充電が追加され2段階の強力サルフェーション溶解機能。
バッテリーにサルフェーションが見られる場合、電流を0.2A(最大)に制限し、
電圧を16Vにて最長2時間サルフェーションを溶解します。
バッテリーに極度のサルフェーションが見られた場合はターボ機能が作動します。
この場合、電圧を最大22V、電流を極少量(安全値)に制限します。

・診断機能
5段階の診断機能でより細かくバッテリーをチェック。

・ヒューズレス回路装備
本体へ独自のスイッチング回路を採用し、クリップ逆接・不正電流が流れた場合も面倒なブレーカー復帰作業を一切不要としました。

・防水・防塵
IP64規格取得。万が一の時も安心。*完全防水ではありません。

・充実した付属品
車輌ケーブル (TM-71)
ワニ口クリップ (TM-74)

via : Tec Mate


BMW F800GSにOptimate4の充電用ソケットを増設しました。

20131207

Life Packing




資産99%を処分し
高城剛が最後に残した
1%の生活必需品を公開!!

高城剛のハードライフを支える
必要最低限のリアルツールを集約!
次世代のためのモノ選びとパッキングを追求した
すべて「本人私物」の珠玉の一冊。


壁面を覆う巨大アートピース、山積みのスニーカーや洋服、
保管に追われたアーカイブ、モノに埋め尽くされた自宅……。
高城剛は5年の歳月を費やして、それらを徹底的に厳選し、
スーツケース約1.2個分にまで集約した。
この本は、最先端を生きる生粋のクリエイター・高城剛が
実際にその目とその足で選び抜き、
使用を重ねる中で研鑽された珠玉の生活必需品をまとめた
これまでにない、モノカタログ本の進化系である。

そして今も、彼はこの本に掲載されたアイテムを携えて、
世界の何処かを駆け回っているのだ。


20131204

F800GS 3,000km走行インプレ


20131113 真野ダム~飯坂温泉ツーリング


BMW F800GSに乗り換えて3,000kmを走ったので、改めてインプレッションをしたいと思います。

20131128

For The Ride by Triumph Motorcycles




最近のトライアンフの勢いはワクワクします。
ボクも乗っていたクラシックラインのThruxton900も所有欲を満たすとても綺麗なバイクで魅力的だったんですが、
今はデュアルパーパスなTigerシリーズも結構気になっています(^^;
しかもディーラーが実家から歩いて20分かからないのも魅力だったり(笑

via : Triumph Motorcycles

20131125

F800GS 2013ラストツーリング


F800GS 20131123 走り収めツーリング


2013年の11月もあと僅か。
12月は積雪や冬季閉鎖道路の問題に加え、忙しいこともあり今回がラストツーリングです。

ここ最近毎週走っていたので身体のコンディションはいまいちだったものの、
やはりここで走らなければ後悔するだろうなと出掛けることにしました。
今回は下道オンリーで大内宿を目指します。

20131120

オン90:オフ10のベストバランス MICHELIN ANAKEE 3




ボクのF800GSは中古で4,500km走行車両だったこともあり、妙にフロントタイヤが減っています(^^;
逆にボクはパニアケースに満載して走る分、後ろに荷重が増えてるのでリアの方が減りやすいのかな?
だから次のタイヤまでまだまだ走れそうな、そうでもないような…?

ボクの場合オンロードがメインなもののオフも少しは走りたい。
例えばオンが90%でオフが10%なような…
そんなタイヤがミシュランのアナキー3だそうです(^^)

この動画のレビューはすごくわかりやすく 、次はこのタイヤがいいなぁといった印象。
F8GSなのでオフタイヤの方がカッコはいいんですが、
やっぱりワインディングや高速道路のことを考えると「オン90:オフ10」辺りがベストでしょうね。

 

20131119

F800GSで奥松島へツーリング


F800GS 20131119 奥松島ツーリング


午前中に免許の更新へ行ってきました。
とうとうボクもゴールド免許、優良ドライバーですね(^^)
その後中途半端に時間ができたので、たまにはノープランで奥松島の方へ走ってみました。

20131114

F800GSで福島県の真野ダムから飯坂温泉ツーリング


20131113 真野ダム~飯坂温泉ツーリング


今回はSNSで知り合ったホシ君と南の方へツーリングに行きました。
不運なことに天気予報は最高気温6℃。 仙台と福島のみ晴れ。 山の方は雪。
なので晴れているところを繋いで走ることにしました(^^;

20131112

F800GSで秋の終わりに栗駒鳴子ツーリング 後編


20131108栗駒鳴子ツーリング


栗駒鳴子ツーリングの後編です。 前編はこちら

コーヒータイムを終えて、ナビを頼りにルートを決めて走って行くとそこには林道が(^^;
F800GSなら問題なく入れるものの、このタイヤで大丈夫かと不安を抱きつつも
冒険心が勝ってしまったので入ることにしました。

20131111

F800GSで秋の終わりに栗駒鳴子ツーリング 前編


20131108栗駒鳴子ツーリング


先週は裏磐梯の方を走ったので、今度は北を走ってきました。
今回は紅葉がギリギリ間に合うかもしれない栗駒〜鬼首〜鳴子をツーリングすることに(^^)

20131101

秋の磐梯吾妻スカイラインバイクツーリング 後編


20131030福島:磐梯ツーリング


さて、磐梯吾妻ツーリングの後編です(^^) 前編はこちら

スカイラインの途中にある浄土平にはとても大きなレストハウスがあるのですが、空腹にも関わらずスルーしました。
というのもここで休憩してしまうとまた観光バスが走り出すかもしれないし、午後は荒れるという天気も不安だったので(^^;

そのおかげか、浄土平を過ぎると渋滞も無くなりスムーズに走ることができました(^^)
ここから磐梯吾妻レークラインを目指します。

20131031

秋の磐梯吾妻スカイラインバイクツーリング 前編


20131030福島:磐梯ツーリング


10月のオフは毎回台風や雨に祟られていたので、今度こそは大丈夫だろうとキャンプツーリングを計画していました。
日々変わる予報天気図に一喜一憂しながらもテントやシュラフ、カメラ機材などを満載し、
わざわざ赤ワインの美味しそうなハーフボトルまで探して準備していたのですがやはり予報はイマイチ。
福島、山形、岩手とどこへ行っても夜中から雨の予報。

しかも仕事が長引いてテント夜設営となるとかなり厳しいので、泣く泣く翌日早朝ツーリングへ出ることにしました(^^;

20131024

F800GSの1,000km点検&ETC取り付け




ディーラーから1,000km点検の案内が来ていたのでF8GSを預けていました。
もともとボクのGSは走行4,500kmのBMW認定中古車だったため点検といっても確認が主ですが、
それでもある程度の時間はかかると聞いていたので、それならばと数日預けてETCも取り付けてもらいました。

点検の結果異常もなく一安心といったところ。
ただフロントタイヤの交換はそろそろ視野に入れなくちゃいけないですけどね(^_^;
ETCに関しては後日詳しく、一眼の写真を交えて紹介したいと思います。

20131023

Chris "Teach" Mcneil aboard the Twisted Throttle equipped BMW F800GS




F800GSオーナー、または購入を考えている人ならこの動画をみたことがあるかもしれませんが、
スタントライダーChris McneilのF800GSフル装備サーキット全開走行動画です。

F800GSはトルクフルで回りたがりのセッティングなこともあり、
ケースを付けてもかなり走りますがそれにつけても彼のライディングは異次元ですね(^^;
トップケースを付けるか迷っている自分がバカらしくなってくるほどのもの凄いライディング。
見たことのない方は是非御覧ください。


via : Chris Mcneil

20131022

Brian Edward Miller




Brian Edward Miller. 彼のアートに強く惹きつけられました。
彼の作品を取り扱っているOrlin Culture Shopでは多くのイラストレーションを見ることができますが、
今回はボクが特に惹かれたものを少し紹介します。

20131021

ジーンズにも違和感なく使える"RSタイチ ステルスCE ニーガード"




フィット感と衝撃吸収性が抜群のCEプロテクターを採用
デニム等の普段着で違和感無く使用でき
安全性を格段に高めるインナータイプのニーガード



ジーンズはそこそこ頑丈だし、あまり風を通さないことからバイク乗り愛用のアイテムです。
けれど普通のジーンズにはプロテクターなどは付いていないので、
ツーリング時に転倒した時のことを考えるとやや不安でもあります。
そこで、あまり目立たないインナープロテクターで何かいいモノはないかと
探したところこのプロテクターが気に入りました。

この上にジーンズを履いてもほとんど違和感が無く、
他人の目から見てもプロテクターを付けていると気づく人はあまりいません。
装着も簡単で、このプロテクターを膝の位置まで履いたら
ふくらはぎの辺りに来るストラップをベルクロで留めるだけです。

ボクは普段のツーリングではライディングパンツを履いて、
ふらっと走りたい時にはこのプロテクターとジーンズですね。
一つ持っていれば色々と応用も効くのでオススメです(^^


via : RSタイチ ステルスCE ニーガード

20131020

夜のライダーズカフェ




昨夜SNSで知り合ったホシ君と、米さんのReis Kaffeeにて。
バイク乗りが集まると話は尽きず、閉店の21:00まで賑やかに話した後は
別のカフェでも23:00まで話していました(^^;

先週の16日はツーリングを企画していて山形を走ろうと打ち合わせしていたんですが、
まさかの巨大台風直撃で延期の流れになってしまいました(汗
昨夜はまさにそのリベンジ。 話メインでしたが楽しかったです(^^

もしボクのblogを見てくださっているバイク乗りの方がいらしたら、是非声をかけてください(^^
美味しいコーヒーでも飲みながら、バイク話に花を咲かせて、ツーリングに行きましょう!

20131019

メットホルダーの代わりにcrops SPIDER-G




Harley Davidson XL883Rに乗っていたまでは毎回メットホルダーを取り付けていたんですが、
ちょっと勿体無いなと感じ、F800GSのヘルメットの盗難防止にはこのケーブルを使っています。
コンパクトながら伸縮性があり、何よりキーを差し込んだ際に滑らかに入って、回ってくれるのが気に入ってます(^^



20131017

K&H F800GS/700GS/F650GS ミディアムシートインプレッション


F800GS20131008


もともと日本仕様のF800GSには海外で言うローシートが標準装備されているのですが、
その形状は無理にアンコ抜きをしただけのような形で座りの悪さを感じていました。
それに脚を下ろすと太もも内側にシートの角が当たるなどといった欠点も。

正直BMWのバイクに初めて乗って、1番ガッカリした部分がこのシートでした(^^;
そこでBMW純正ハイシートへの換装も考えてはみたのですが、ボクはKandHのシートを選びました。

20131016

HYODのインナーグローブ"STV511 WARM HAND BOOSTER (LONG)"を購入

吸汗・速乾・保温・防臭性能をもち合わせた裏起毛の伸縮素材を採用した、ウインターインナーグローブのロングバージョンです。

メイン素材はブーストウォームアンダーシャツ/パンツと同じ素材を採用。
ストレッチ性に優れ追従性が非常に高い伸縮性を持ち、吸汗・速乾性に優れる素材を使っています。
このため、手の形にしっかりフィットしゴワつきもありません。
また、裏起毛で保温性も高く、防臭性能も持ち合わせています。
ロングタイプのため、手首からの寒風の侵入を防ぎ、保温性も高まります。

お手持ちのグローブと組み合わせて快適なウインターライディングを楽しんで下さい。

via : HYOD


今回HYODの秋冬用グローブを購入したのですが、一緒にこのロングインナーグローブを買いました。
衣服のレイヤリングと同じく、グローブでも重ね着して防寒性を高めるアイテムです。

これを試着して正直ビックリしました(汗
このグローブを片方にした状態でもう片方の素手を重ね合わせると、驚くほど暑いんですね。
ブーストウォームというだけあって、これを使った時の暖かさは折り紙つきのようです。

秋冬グローブがショートなのに、インナーグローブをロングにしたのは応用が効くからです。
普通に使えば手首に当たる冷気を遮断してくれ、まくって使えばショートと大して変わらなかったんです。
このインナーが活躍するのはもう少し先だと思うので、楽しみにパニアケースにしまっておこうと思います。

20131015

HYODの秋冬グローブ HSG518 ST-X RIDE WINTER GLOVESを購入

ここ数日でぐっと冷え込んできたので、HYODの秋冬グローブとインナーグローブを買いました。


20131013

BRUTUS 2013/10/15 no.764 ほめられる写真。




米さんのReis Kaffeeにて。
今回のBRUTUSは写真をフィーチャーしていて面白そうだったので、コーヒーを飲みながら読んでました。
巻頭は篠山紀信。 "ボクは人にほめられたくて写真を撮るんだ"


まだ途中ですが、すごく面白いです。
写真が撮りたくなってきて、何が撮りたいかも考えていないけれど、無性にカメラを持ち歩きたくなりました。
自分を突き動かしてくれる雑誌が好きで、そういうものに出会うと極力手に取るようにしています。
この本もそういう本。 読み進めるのが楽しみです(^^



さいちのおはぎ




休みの日にいい加減F800GSへETCを付けてもらおうと南海部品、ライコランドを回りましたが、結果は全滅…
気を取り直してツーリングをと思ったけれど、カメラはもちろんイスやコーヒーセットは家にあります。
しかも県外は雨なので、久しぶりに写真を気にせず近場の走りやすいところを繋いで走ってきました。


秋保に差し掛かった時にふとさいちのおはぎが食べたくなりお土産に。
宮城県民なら誰もが知ってるおはぎですが、相変わらず美味しいですね。
写真には箸が写ってますが、実際は大きなスプーンで大量のきなこや胡麻と一緒に食べるのをおすすめします(^^


via : さいち

20131009

BMW F800GSで山形〜七ヶ宿へツーリング 前編


F800GS20131008


仕事や天気の都合で最近ツーリングに行けていませんでした^^;
今日こそはと思っていたら、朝方は結構な霧雨だったにも関わらず10時頃には回復してくれたので
隣の山形へ走りに行くことにしました。

20131006

Stuntrider Chris Pfeiffer In Search of Akrapovič


BMWのスタントライダー、クリス・ファイファーがスロベニアのアクラポヴィッチ工場へ突撃。
BMW F800Rで社内をスタントしながら暴れまわっています。
彼にとっては大型バイクもBMXと変わらないようですね。


20131004

HYODの秋冬ライディングパンツ"HYD512D"を購入



昨日のエントリに引き続いてHYODのライディングパンツを紹介します。
もともとこういったカジュアルなギアの購入は考えていなかったのですが、
実物を手にとってみると想像していたものと全く違いしっかりとしたライディングウェアでした。


20131003

HYODの秋冬ライディングウェア"ST-W NEO-iD"を購入



HYODの秋冬ライディングウェアを購入しました。
当初はレザーのライダースをと思っていたのですが、どんなデザインでもレザーは主張が強すぎたために断念。
どうしようかと他のアイテムを見て回っていたところこのジャケットが気に入りました。


20130930

Blurred Lines by Robin Thicke




最近Robin ThickeのBlurred Linesをヘビーローテーションしています。
AKBとコラボレートしたっていうニュースで知ったんですが、全米チャートでも1位を獲得しているほどの人気ぶりです。



20130929

東京老舗名店蕎麦屋巡りの旅




東京へ老舗名店蕎麦屋巡りの旅へ行ってきました。
ひばりヶ丘のたなかさんから始まり、更科堀井、虎ノ門大坂屋砂場、神田まつやで〆ました。
後ろ3店は有名ですが、たなかさんは名月庵田中屋の元主人さんで、名人の方です。
どのお店も味わいがあって、とてもいい旅でした。


それにしても、蕎麦と日本酒を昼間にやるのは最高の贅沢ですね^^


via : たなか
via : 更科堀井
via : 大坂屋砂場
via : まつや

20130922

SHOEI GT Air インプレッション





世界有数のメルメットメーカーSHOEI。
そのSHOEIが最高のヘルメットを発売し、今なお高評価の続くGT Airをレビューします。


20130921

Helinox Comfort Chair




Helinoxのコンフォートチェアを購入しました。
テントのような作りになっており、世界的に有名なテントポールメーカーDAC社のアルミポールを組み合わせ、
座面である頑丈なポリエステル生地を取り付けることで驚くほど快適です。
その上収納時にはコンパクトになるので、バイクツーリングにはうってつけのチェアと言えます。


20130919

Camp Takes U




80歳でエベレスト登頂に成功、その人生の過程でキャンプライフの醍醐味を悟るプロス­キーヤー三浦雄一郎氏。一方、趣味のキャンプが高じて、長野の山奥に自らの土地を手に­入れ、週の半分近くをそこで暮らす《.......Research》ディレクター小­林節正氏。THE NORTH FACEのテントやギアを愛用し、独自のキャンプライフの楽しみ方を見出した2人に、­スタイリスト本間良二がインタビューを敢行。その対話でインスピレーションを得た本間­は、その足でサーフキャンプへと向かう...。新たなキャンプの魅力が垣間見える、サ­マーキャンプ・シーズンに必見のドキュメンタリー。

Professional skier Yuichiro Miura who successfully climbed Mount Everest at 80 years old earlier this year, talks about his lifetime experience with camping. From Childhood in Japan to the highest mountains in the world. Then we meet Setsumasa Kobayashi who has taken his passion for camping deep into the mountains of Nagano, the director of the "....... Research" brand, he and his wife camp out for nearly half of every week week. Stylist Ryoji Homma interviews both of these THE NORTH FACE gear users about the joys of camping and outdoor life. Inspired by the dialogue, Ryoji heads towards the beach to camp and surf on Japan's east coast..... Glimpse the charm of the new camp, in this must-see culture-documentary of the summer camp season.


FEATURING:Yuichiro Miura(Professional skier)
Setsumasa Kobayashi(.......REASERCH Director)
Muneo Inayagi(Surf Sommelier)

INTERVIEWER:Ryoji Homma(Stylist)


20130918

Ducati 899 Panigale




フランクフルトモーターショウ2013において、Ducatiのニューモデル 899 Panigaleが正式発表されました。


20130917

Lose Yourself to Dance by Daft Punk




Daft Punkが満を持してリリースしたフルアルバム、Random Access Memories。
当初の評判は期待値が高すぎたためにイマイチでしたが、聴き込むほどにしっくり来る心地良さがあります。
その中からLose Yourself to DanceのPVがリリースされたので紹介します。


20130914

コーヒーツーリング with F800GS


F800GS002


F800GSにしてから、走れるバイクなのでつい目を三角にして走ってました。
けれどこのバイクは懐が深くゆっくり走っても楽しいはずなので、
暑さも緩んできたことだし久々に湖畔でコーヒーでも飲もうと走ってきました。
そして、これまた久しぶりに5D3とLレンズ2本に三脚も持ってみたのです。

20130804

X-RIDE RM-XR432MCの電源をヘラーソケットに変換





注文してたデイトナのヘラソケットが届いたので、早速加工してみました。
いや久々にハンダ触ったから火傷しそうになったよ(´・ω・`)


キーシリンダー隣のソケットに挿して給電したかったので、
ダミータンクカバーを外して無駄に長い電源コードをバッテリー周りに這わせました。
給電は上手くいってるみたいだけど、防水のソケットじゃないしなーんかスマートじゃないし。
時間があったら違う方法を考えたいところです。

20130724

F800GSで山形へ行ったら断水で飲食店全滅事件



天気はイマイチだったものの、やっぱりどうしてもF8GSに乗りたくて走ってきました。
ちなみにまだケースのステー1.5ヶ月待ちなので荷物を持てず、写真はsony RX100で撮ってます。